ホーム > 会社案内 > 行動計画
行動計画

T.次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

2020年3月10日
北海道東急ビルマネジメント株式会社 次世代法/行動計画
1.計画期間
2020年4月1日〜2023年3月31日(3年間)
2.内容
目標1
所定外労働時間の削減に向けてノー残業デーを制定し、定時勤務者については毎週水曜日・金曜日、シフト勤務者については事業所毎に毎月2回実施する。 
対策
  1. 2020年4月〜 定時勤務者の毎週水・金曜日ノー残業デー実施の徹底
  2. 2021年4月〜 シフト勤務者の毎月1回のノー残業デー実施の徹底
  3. 2022年4月〜 シフト勤務者の毎月2回のノー残業デー実施の開始
  4. 2023年4月〜 シフト勤務者の毎月2回のノー残業デー実施の徹底
    (各事業所の実態により問題点があれば適時修正する)

U.女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

2022年3月28日
北海道東急ビルマネジメント株式会社 女性活躍推進法/行動計画
女性管理職と女性正社員を増やし、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、以下の行動計画を策定する
1.計画期間
2022年4月1日〜2025年3月31日(3年間)
2.当社の課題
女性管理職が少なく、正社員採用(登用含)も男性に比べかなり少ない状況である。
3.内容
目標1
管理職(課長職以上)に占める女性労働者の割合を20%以上にする。
取組
  1. 2022年4月 役員・管理職による任用の検討と直属上長へのヒアリング。
  2. 2023年4月 候補の女性社員とその上長に任用後のプランについて面談実施。
  3. 2024年4月 管理職に占める女性労働者の割合を15%以上にする。
  4. 2025年4月 管理職に占める女性労働者の割合を20%以上にする。
目標2
正社員採用(登用含)に占める女性労働者の割合を20%以上にする。
取組
  1. 2022年4月 役員・管理職による採用(社員登用を含む)の検討。
  2. 2023年4月 採用を検討する課・営業所の上長へのヒアリング。
  3. 2024年4月 事務職以外の職種においても採用(登用)を積極的に募る。
  4. 2025年4月 採用(登用)に占める女性労働者の割合を20%以上にする。
2022年4月1日
北海道東急ビルマネジメント株式会社 〜 女性の活躍状況について 〜
女性労働者に対する職業生活に関する機会の提供/管理職に占める女性の割合
2022年3月10日現在
正社員
管理職
マネージャー
女性の管理職の割合 (A) 1
男性の管理職の割合 (B) 10
男女の管理職の差異 (A)/(A)+(B) 9.1%
(単位/人)
※男女別の管理職の割合については、女性が1名、男性が10名となっており、女性の方が男性よりも、かなり少ないという状況です。
職業生活と家庭生活との両立に資する雇用環境の整備/男女の平均継続勤務年数の差異
2022年3月10日現在
全体 正社員
管理職 一般職
マネージャー リーダー スタッフ
女性の平均勤続年数 (A) 15.05 23.09 15.06 10.07
男性の平均勤続年数 (B) 13.03 18.09 15.06 8.02
男女の平均勤続年数の
差異
(A)/(B) 115.5% 127.6% 100.0% 125.6%
(単位/年ヶ月)
※男女別の平均継続勤務年数について、正社員全体では、女性が15年5ヶ月、男性が13年3ヶ月となっており、女性の方が男性よりも若干長いという状況です。
以上